アレルギーに苦しんでいる女性の画像 アレルギーの画像

アレルギーとは、あるものに対して免疫が過敏に反応するものをいいます。様々なものにアレルギーを引き起こす原因があり食べ物や花粉、金属類やゴム類、動物や日光などからアレルギー反応が出る可能性があります。

2016年07月の記事一覧

アレルギーに効く薬

私達の生活にとって欠かせないものはたくさんあります。衣食住さえあればよかった以前の暮らしとは異なり、現在日本では様々な問題を抱えています。そして、近年ますます問題になってきているものが、アレルギーです。このアレルギーも人によって対象が多岐にわたる為、ある人にとっては生活を豊かにしてくれるものでも、それに対してアレルギーを持っている人にとっては、命を脅かすほど危険なものであったりします。アレルギーを持っている人の症状として代表的なものは花粉症でしょう。元々日本では花粉症を患っている人は確認されていなかったのですが、林業に従事していた人達が初めに花粉症の症状を訴えたことで発覚したと言われています。彼らが主に従事していた木の種類は杉でした。現在多くの人がこの杉花粉によって、クシャミや鼻水、目の痒み、倦怠感など日常生活に大きく影響を与える症状で悩まされています。花粉症患者は、年々増えており、現在日本国内に約3000万人がこの症状を起こしています。これは日本の人口の実に4分の1に相当する数です。この症状が特に酷い人は、いっそのこと鼻を取り外したいと思うほど辛いと言われています。最近では耳鼻科に行くと、鼻の粘膜をレーザーで照射して、一時的に鼻水を出なくさせる方法があります。しかし、この治療法だとだいたい半年ほどで効果が切れて、再び治療を受けないといけないので、完璧な治療とまでは言えません。そして、もう一つ花粉症に対抗する手段があります。アレグラという薬で、ほとんどの耳鼻科で処方してもらえます。これは朝飲んだら、夕方ぐらいまでは鼻の痒みを止めてくれるので、多くの花粉症患者が重宝しています。副作用がほとんどないのもポイントです。

続きを読む

アレルギー反応と症状

アレルギーには、様々なものがあります。有名なものは、花粉によるアレルギーであり、このような花粉のアレルギーの場合には、鼻がとてもむずむずする、鼻がかゆい、目がとても涙が出てしまうほどかゆい、くしゃみが止まらない、などの辛い症状が出てきます。このような杉花粉のようなアレルギーは、毎年ニュースになるくらい、日本全国で大流行するため、皮膚科で受診をお願いすると、かゆみどめなどを処方してくれる他、場合によっては目薬なども出してくれます。この他にもアレルギーというものは色々なものがあり、あまり有名なものではないものですが、抗生物質の点滴によるアレルギーなどというものがあります。このような場合、反応がどのように出るのか?というと、風邪やインフルエンザなどをひいてしまって、病院で点滴を打ってもらう際に、抗生物質系の点滴を打ってもらったところ、症状として、突然酷いかゆみが体に襲ってきて、体に蕁麻疹のような、ぶつぶつが出来てしまう、このようなケースがあります。また、このようなアレルギーの他にも、かぶれによるものもあります。これは、例えば山などに行った際に、足などがカバーされておらず、例えばスカートなどを履いて、山登りをしてしまった時に、かぶれなどのアレルギー症状が出る場合があります。このような場合には、漆の山の植物によるものであり、突然症状が出るものではなく、突然に、数日後、2日後か3日後に、反応が出てしまい、急な症状とかゆみ、酷いかゆみに驚く人がとても多いものです。そこで皮膚科で受診をお願いしたところ、山登りの時のことなどを指摘されてもらい、そこで漆による植物の被害であった、と理解することになります。

続きを読む